[人生最後の物語を伝えて行きます]

葬儀司会者が作ったAIナレーションシステム「IKIRU」で

作成したナレーションの一部を紹介させていただきます。

 

ご主人さまの無事を祈りながら待ち続けていらっしゃった奥様の

ホっとした思いを大事にしながらナレーションを作成しました。

 

[人生最後の物語を伝えて行きます]

 

人は生まれいずる時、大切な使命を、自らが選んで生まれてくると、

遥か古より伝えられております。

 

昭和〇年〇月〇日、この世に生を受けられた、〇〇様。

お若い時、外国航路の航海士としてご活躍。

太平洋、大西洋、インド洋と世界の海を股にかけ、

日本の自宅に戻るのは、一年間の内に一カ月ほどと、お伺いしました。

 

果てしない水平線を見つめ、孤独に耐えてゆく強靭な精神力・・・。

 

長い航海を終え、『ただいま~。』と玄関をくぐり、久しぶりに家族で囲む食卓は、

言いようのない安堵のお気持ちがあったのではないでしょうか・・・。

 

船を降りられた晩年は、

家族との空白の時間を埋めるように過ごされた穏やかな日々。

 

「旅行の計画を立てるとき、とにかく新幹線や電車移動を好みました。

長い間、船に乗っていたからでしょうね。」と、

笑いながらおっしゃる奥様。

 

家族のために、働いてくれてありがとう。ゆっくり休んでね。

皆様の切なる祈りの声が、今送るあなたに届きますように。

 

 

*******************************************

AIナレーションシステム「IKIRU」 デモンストレーションの申し込みは

こちらからお願いいたします。  →  https://www.ai-ikiru.jp/

 

このテーマは、ブログコメントに対応していません。
ファイル名の末尾に「_xxx」等を付けて無効化すると、baserCMSの基本のコメントフォームを呼び出すことができます。

カテゴリー一覧

年別アーカイブ一覧

司会事務所ビアンフェ.

CakePHP(tm) : Rapid Development Framework